ヘアケアは意識して続け、日常化してしまおう

“ホルモンバランスが乱れがちな40代後半、髪の毛の美しさは侮れません。

 

ファッションがいまいちな日でも、メイクの仕上がりがいまいちな日でも
髪の毛が美しくまとまっていれば、なんとかごまかしがきくもんなんです、
ゆえに髪がパサつくだけで見た目のディテールに大きくひびくと思います、なんだか疲れた人に見えちゃいますよね。

 

艶のある髪の毛は、女度を上げる優秀アイテム、見た目年齢の差が大きくでてくる髪の質の見栄えは、重大な要因だと思います。

 

ヘアケアの為に月一サロンに通うのは、お財布にかなりの余裕が必要ですし、仕事・子育て中の女性には時間も厳しいですよね
では、どうやって美しい髪質を作るか、ずばり、自分で手間をかけるです。

 

続けることが大事、いや続けないと意味がない!
意識をして続けていくことにより、自分で行うヘアケアが日常となるのでコツコツを続けていきましょう。

 

では、何を行うかというと、まずはブラッシング!
いつも使うブラシでなく、ブラッシング用のブラシを買いましょう。

 

ここはケチらず、そこそこ良いブラシを、最近は大きさも形も様々なブラシがあるので選ぶ楽しさもありますね。

 

ブラシも木で作られた商品もあるので材質も選びがいがあり面白いです。

 

入浴前のブラッシングは欠かしてはいけません。

 

ついつい忘れがちですが意識して行いましょう。

 

全体的に前から後ろへと髪を流すようにブラッシングし、次は逆に後ろから前へとブラッシングする。

 

これを続けると首のコリがほぐれるようで私はホッコリとリラックスできます。

 

汚れを落とし、血行を良くする働きがあるといわれてますね。

 

次にシャンプー前のゆすぎ。

 

熱いお湯ではなく、ぬるま湯程度の低い温度のお湯で3.4分洗います。

 

ここで顔を下に向けて洗い流す姿勢は危険です。

 

首のたるみ、ほうれい線の原因になるからです。

 

日々これを積み重ねると40代になると顕著に表れてきます。

 

頭皮から顔、首は皮膚が繋がっているので(いや身体全体ですね)下を向く事で下向きに皮膚に負荷がかかります。

 

(私は顔をあげて、鏡にうつる自分のほうれい線の深さにギョッとなります。

 

 

 

 

ちょっとした恐怖)
顔をあげて、後ろにお湯で流す姿勢を心がけましょう。

 

シャンプーは優しくマッサージをするようにガシガシとこすらず丁寧に。

 

後はブラッシング後のゆすぎと同じく、シャンプーのゆすぎに時間をかけてあげます。

 

ちょっと長いかなあと思う時間ほどでも良いかと思います。

 

トリートメントは髪先だけに付けて頭皮にはのせないように(毛穴のつまりの原因になりますので)しましょう。

 

後はヘアドライ後、ドライヤーをかけます。

 

濡れたまま髪を放置することは厳禁ですので他のケアができなくともここは厳守したいところです
(子育て中のママは難しい時もあるんですがね、、、お仕事が残業続きだと、もう疲れてねちゃうし)
ドライヤーで髪の毛を乾かす時は、ひと手間のオイルをつけて下さい。

 

色々は海外から有名ヘアサロン商品を網羅しヘアオイルを試しましたが、「あんず油」に私は落ち着きました。

 

ドラックストアでは必ず売っている700円~800円のオレンジ色のあんずの絵が書かれた箱です。

 

60mlで一年は余裕でもちますし、シンプルな配合で、小さいお子さんにもつかえて安心です。

 

昔からある商品で、今もなお続く商品ってちゃんと意味があるのだなあと感じます。

 

もう一つ、おススメ商品がありまして、長崎県五島市でとれる「椿油(カメリアオイル」です。

 

椿の種から採取されたオイルは酸化が少ない油で、とても優秀です。

 

商品メーカーさんにもよりますが、私が時々使う「椿油」は昔ながら商品で、しっかりとした油分があるので少量でかなりこってり潤います。

 

手についた「椿油」を踵に塗ると、翌日つるんとなってます。

 

少し油のにおいがありますが、消して嫌な香りではないので試してみて下さい。

 

天ぷらや、卵焼き、お料理にも使える椿油は、身体のどこに付けても安心です。

 

五島の地元メーカ-が椿油のヘアオイル商品を開発しているので、お気入りの商品を探してみて下さい。

 

価格は「あんず油」よりお高いですが、バサバサに髪が乾燥した時はぜひ使ってみてください。

 

これが、私がずっと続けているヘアケア、続け事10年以上、歯磨きのごとく日常になりました。

 

慣れてしまえば、一日の流れで身体が覚えるので、今ではごくごく普通になりました。

 

毎朝、入浴前ブラッシングをきちんとして、シャンプー前にぬるま湯でながめにすすぎをかける。

 

毛先にオイルを少し、必ずドライヤーで髪を丁寧に乾かす。

 

これを手を抜かず日々続けいます。

 

続けたおかげで現在46歳ですが、ヘアーのトップにまだボリュームがあり同年代より髪質が良いとほめられます。

 

艶がある髪の毛は、お肌を綺麗にみせてくれますし、何より元気に見えます。

 

変わらず、元気そうよねと言われますが、ほうれい線はあるので髪質が良いので表情が明るく見えるのだろうなと感じます”