髪質を良くしそれを保つためにはシャンプー方法を見直すこと

“髪質を改善し、綺麗にしたいと考えている人がまず行ってほしいのが普段のシャンプー方法を見直すことです。

 

髪質を良くするケアシャンプーなどを使ったり、美容室でケアをしてしもらって一時的には綺麗になっても、綺麗な状態をキープするのは大変です。

 

ケア用品を使い過ぎることで髪が傷んでしまう原因にもつながってしまいます。

 

普段のシャンプーを見直して、正しいシャンプー方法を続けることで髪を健やかにし、髪質の改善につなげてくれます。

 

そこで、髪質を綺麗に改善へと導くシャンプー方法を紹介します。

 

まず、シャンプーをする前にブラッシングを行います。

 

髪の毛が乾いている状態でブラッシングをすることで髪の毛の絡まりを解消し、髪の毛についた汚れやほこりを取ることができます。

 

髪の毛が絡まっていたり、汚れやほこりが付いている状態でシャンプーをしても綺麗にすることは出来ません、ブラッシングして髪の毛の絡まりや汚れを取って綺麗に洗いやすい状態にしてあげることが髪質改善の第一歩となります。

 

また、ブラッシングして頭皮に程良く刺激を与えることで血行を良くして、毛穴に詰まった皮脂を浮き上がらせる効果も期待できます。

 

ブラッシングに使うブラシは粗めのものを使うのがおススメです。

 

頭皮に負担がかからないものや髪の毛が絡まりにくいブラシを選ぶことでより効果的にブラッシングできます。

 

ブラッシングが終わったら髪の毛をしっかりと濡らします。

 

ぬるま湯で髪の毛の汚れを丁寧に落とすように行います。

 

ぬるま湯で行う理由は温度が高過ぎるとキューティクルが開いてしまい、そこから汚れが入ったり、皮脂が溜まりやすくなるからです。

 

温度にして40度以下のぬるま湯で3分くらいかけて丁寧に濡らし、お湯で髪の毛を洗うことで髪の毛についた汚れやホコリ、ワックスなどの整髪料の7割から8割落とすことが可能です。

 

汚れや整髪料が残っている状態でシャンプーをしても汚れを完全に落とすことはできず、汚れが落としきれなくて蓄積されると汚れが溜まって髪質の低下やトラブルにつながってしまいます。

 

シャンプーを付ける前にしっかりと髪の毛を濡らして汚れを落としておくことが、この後シャンプーを付けて洗った時に汚れを落としやすくします。

 

ぬるま湯でしっかりと髪の毛を濡らしたら、いよいよシャンプーを付けていきます。

 

ここでシャンプーの原液のまま髪の毛に付けるないことです。

 

シャンプーの原液をそのまま髪の毛に付けると毛穴が詰まり、汚れが落ちにくく、新しい汚れを作る原因にもなります。

 

シャンプーを髪の毛に付ける前に手のひらでシャンプーを泡立ててから行います。

 

手のひらでシャンプーを泡立てた後、まず毛先から付けます。

 

毛先を最初に付ける理由は髪の毛の中で一番傷みやすい部位だからです。

 

まず最初に頭皮から付けてしまう方もおおいですが、頭皮から付けるとシャンプーの成分で毛穴が詰まりやすくなるだけでなく、一番傷みやすい毛先を十分にケアできないからです。

 

一番傷みやすい毛先を最初につけて、指通りが滑らかになるまでほぐすようにマッサージします。

 

指通りが滑らかになったら頭皮を洗っていきます。

 

頭皮を洗う時に爪を立ててゴシゴシと洗ってしまいがちですが、ゴシゴシと洗うと髪の毛や頭皮に刺激となり、髪の毛が傷む原因にもなります。

 

頭皮を洗う時は指の腹を使って揉むようにマッサージしながら洗うことです。

 

3分から5分くらいよく洗い、また、安いシャンプーだと成分が刺激となって頭皮や髪の毛の痛みを酷くしてしまう可能性があります。

 

シャンプーの中には合成界面活性剤という刺激となる成分が含まれているものがあります。

 

安価なシャンプーだと合成界面活性剤が使われていることもあるので、シャンプーを選ぶ際も合成界面活性剤がを使っていないものを選ぶことです。

 

また、シリコンやパラべンといった成分もシャンプーに使われていることが多いですが、これらの成分も頭皮や髪の毛に刺激となり痛みを酷くしてしまうのでシリコンやパラベンを使っていないものであることもシャンプーを選ぶ時の基準にすることをおススメします。

 

最近では泡を立てないでクリームで洗うシャンプーもあります。

 

泡を立てる手間が無く、クリームなので髪の毛を優しくケアできるので、髪の毛に負担や刺激が少なくて済むのでクリームタイプのシャンプーを取り入れてみるのもおススメです。

 

シャンプーを泡立てて、指の腹でマッサージをしながら洗ったら、すすぎに入ります。

 

すすぎのポイントは洗い残しが無いようにすることです。

 

洗い残しがあると髪の毛の痛みを酷くします。

 

洗い残しが無いようにすすぎは3分以上かけてしっかりと行います。

 

すすぎをしっかりと行うことは髪の毛を美しく保ち、髪の質の改善に重要なポイントです。

 

すすぎ残しが起こりやすい耳の裏やうなじも含め、念入りにしっかりと行います。

 

せっかく良いシャンプーを使ってもすすぎがいい加減だと髪の毛を傷めてしまうので、すすぎは丁寧にしっかりと行います。

 

よって、髪の毛のケアと髪質を改善し良くするには普段のシャンプーを見直すことが大事だと分かります。

 

ただシャンプーを付けて洗えば良いのではなく、洗う前にしっかりと濡らして汚れを落とし、シャンプーは泡立てて指の腹でマッサージするように洗い、すすぎはシャンプーが残らないようにしっかりと行うのを続けていけば良い状態を保てます。